給与アップを目指す薬剤師の求人ガイド

給与アップを目指すためには

給与アップを目指すためには、現在の職場で交渉するよりも転職をしたほうが実現しやすくなります。なぜなら転職であれば、薬剤師の転職に精通したコンサルタントによるサポートを受けることができるからです。満足のいく給与で働くためには、単純に求人を探すだけでは難しいものがあります。

有利な求人を扱う転職サイトに登録し、非公開求人など有利な求人情報などから自分にマッチした職場を紹介して貰うと良いです。

キャリアなどにあわせて給与の交渉をして貰うのも効果的です。自分で給与の交渉をするのは難しいですが、転職サイトに登録してから仕事探しをすればコンサルタントが代わって交渉を行ってくれます。採用されるかどうかのほうが気になって薬剤師の給与については満足に質問することもできなかった、などという失敗を避けることができます。

給与アップを目指すのであれば、自分にあった転職サイトを見つけて登録してから動いたほうが効果的です。職場を変えるとなれば、職場の人間関係など気になることは他にもいろいろありますので、トータルで満足できるような職場を探すことが大切です。

コンサルタントの力を借りて、満足のできる職場を探すと良いです。

自分にあった転職サイトに登録しよう

自分にあった転職サイトに登録したほうが良いですから、まずは転職サイト探しをしましょう。個人で動くという選択肢もありますが、求人や職場の環境を調べることや条件の交渉などを個人で行うのは難しいです。

そこは頼れるプロの力を借りたほうが有利です。

薬剤師の仕事や職場に精通しているコンサルタントのサポートは頼りになりますので活用すると良いです。薬剤師の職場は、薬局やドラッグストア、病院以外にも製薬企業など様々なところがあります。なかには表に出てこないような求人もありますので、専門のサービスを活用しましょう。

キャリア相談をしながら仕事探しをすることも可能です。サポートの内容や取り扱いのある求人などは、どこでも同じというわけではありません。ランキングサイトや比較サイトなどの情報も参考にしながら、自分にあった転職サイトを選んで登録すると良いです。仕事探しに使える時間には限りがありますから、できればある程度の数に絞って登録したほうが賢明です。

だからといって一箇所に絞る必要はありません。複数登録して比較しながら利用したほうが、自分にあうかどうか判断しやすくなるからです。登録すれば無料で利用できますから、上手に利用しましょう。

満足のいく職場を手に入れるために

満足のいく職場を手に入れるためには、どのような職場を求めているのか自分でまとめておく必要があります。給与が高くなっても、仕事の内容が自分の目指すところと大きく違っていると満足することはできません。

また、将来のキャリアも考慮にいれないと、今は収入が上がったけれど、将来の収入アップが期待できない、といった事態を招いてしまうことも考えられます。今の給与アップと将来のこと、両方を意識することが必要です。給与のことはもちろん、通勤にかかる時間や勤務時間、休み、福利厚生、仕事の内容など職場に求める条件をいろいろと書き出してみましょう。そして、その条件に優先順位をつけておきます。

そうすることで、満足できる職場とはどのようなものなのかがみえてきます。薬剤師向けの転職サイトで、その条件を元に自分で求人を探すのも良いですが、コンサルタントに相談したほうが適切な求人を見つけ出してもらいやすいです。

コンサルタントは非公開の求人なども把握していますし、薬剤師の働き方などについても精通していますので、条件を叶えるための職場についてどのようなところがよいのか適切に判断してくれます。コンサルタントが紹介してくれた求人に関しては、自分が思ってなかったような職場であっても、一度検討してみる価値があります。

薬剤師の高収入な職場

同じ薬剤師であっても、職場として選ぶところによってある程度、給与の限界というものがあります。薬剤師の職場として考えられるところとしては、病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、血液センターや研究機関、行政機関や保健衛生施設などがあります。大手の製薬会社で働くのと、ドラッグストアで働くのでは、給与の上限がある程度違ってしまうのは仕方ないことです。

もちろん、製薬会社に入れば必ず高収入になるというわけではありません。

他の職場に比べて高い給与が見込める職場であっても、立場によって実際の収入は違ってくるからです。製薬会社の営業職などは成果によって収入も変わってきますから、そのような職場が向いている方は高収入が期待できます。

ドラッグストアでも店長クラスを狙っているのであれば、それなりの収入が期待できます。また、働くエリアによっても給与は変わってきます。薬剤師の場合には、専門性の高い仕事であるため、薬剤師がたくさんいる首都圏よりも、地方のほうが高い給与が期待できます。

企業に勤めるときにも大規模なら高収入かというとそうでもなく、中小のほうがかえって高収入が得られるというケースもあります。

昇給や手当も考慮に入れよう

転職時の給与がアップすれば年収が上がるとは限りません。長く務めるのなら昇給も大切ですし、年収ということであれば手当やボーナスも重要だからです。

すぐに辞めるような場合は別ですが、転職を繰り返すリスクをおかしたくないのであれば、まずは長く勤務することを前提に考えたほうが賢明です。単純に給与だけで判断するのは危険です。基本給がどのくらいなのか、昇給やボーナスはどのようになっているのか、キチンと確認しましょう。

薬剤師の資格手当や職能手当、役職手当など、提示された年収の中身をキチンとチェックしてから検討することが大切です。時間外手当(残業手当)、休日手当、当直手当を確認するのはもちろんのこと、通勤手当や住宅手当、家族手当などについても確認しておきましょう。

薬剤師の場合、不足している地域の場合には地域手当が支給されることがあります。勤務する地域によっては、寒冷地手当が付く場合もあります。寒冷地手当は地域手当に含まれている場合もあります。

薬剤師の場合、首都圏よりも地方のほうが手当が付くなど収入が高くなる場合もありますので、検討してみる価値があります。昇給のことや手当のことも考慮にいれて、トータルで収入がアップし、また将来的にもアップし続ける職場を探してみると良いです。

薬剤師のための転職サイトをフル活用

薬剤師は地方に勤務地を移すことで年収アップが期待できるなど特殊な部分がありますが、転職は大きな決断ですから失敗は避けたいものです。

そのためには、薬剤師のための転職サイトをフル活用するとよいです。勤務地や勤務時間、雇用形態、雇用条件など、求人票にある情報だけでは自分にあう職場かどうか分かりません。転職サイトに登録してコンサルタントのサポートを受けることで、事前に職場の詳しいことを教えて貰うことができます。

詳しい待遇について代わって聞いて貰うこともできますし、条件の交渉を代わってして貰うこともできます。コンサルタントに相談しながら職場探しをすることで、自分にあっていて給与がアップできる職場を見つけることができます。

子育て中の方など、地方に職場を移すほうがメリットが高いという場合もありますし、そのうえ収入もアップできるのなら満足のいく転職ができます。コンサルタントの力を借りれば、納得のいく仕事ができて、長く働くことができる薬剤師の職場を手に入れることは夢ではありません。

コンサルタントの力を借りながらであれば、納得のいく収入が得られて希望にあった仕事ができる、将来のことも見据えた転職を成功させることも可能です。